CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 倉敷 | main | iTunesプレイリスト >>
直島
倉敷の次の日は岡山から電車に乗って、フェリーに乗って直島へ。


■直島
いわずとしれた、アートで町おこしな島。
草間弥生のかぼちゃが有名ですね。
直島

正直にいうと、直島アートは私にはあまり合わなかった。
現代美術は自分の感性に合わないと「???」になってしまうので(カイキキとか良い例)、ふぅ〜ん、、、まぁ、すごいよね。くらいで終わってしまったものが結構ありました。。

ベネッセが広げてるエリアの美術館、「地中美術館」は安藤忠雄の建築が面白いけど、展示物は永久展示のものばかり。友人はウォルター・デ・マリアという人の作品(黄金の球体が部屋においてある)がとても美しくて心奪われる!て言ってたけど、私は…うーん、キレイなんだけどね。。という印象でした。ここは作品の良し悪しではなく感性の違い。多分。
そして地中は入館料が高いです。そんなに広くないのに2000円もするの。ううぅ〜ん、私は1回行けばもういいかな。。

閉館後に予約してたナイトプログラム(別料金、2000円のチケットも持ってないと入れません)に行ったけど、あいにくの曇り空。ただ30分くらいぼけーっと空を眺めるプログラムなので、天気が悪かったのはちょっと残念。


ただ、直島の雰囲気自体はすごくいい。歩いて周れる距離だから、バスじゃなくて徒歩または自転車(500円くらいでレンタルしてる)で周るのがいいと思う。タクシーも島に1台だけワゴン車タイプのやつがあるんだけど、どうしても間に合わない!ていうんで1回乗ったら運転手のおっちゃんが小ネタを教えてくれたりしたのでそれはそれでありかも。

ごはんは、島民の人も使うような小さなうどん屋と、最近できっていう南寺近くのカフェが良かった。
うどん屋はさすが、香川ですねーって感じのつるつるとしたコシのある麺。讃岐うどんはやっぱりシンプルでおいしい!並んでたおいなりさんも気になったけど、結構おなかいっぱいだったから手は出せず。
カフェは民家をリノベーションしたタイプで、木枠の窓が良い感じでした。現代風な喫茶店。

でもこういうタイプの店って、この場所じゃないとできないよなーとしみじみ。都会だと、こういう物件は手に入らないだろうし、ただの田舎じゃお客さんはこないだろうし。
直島で有名であろうカフェ「まるや」(島で一番初めにできたカフェ)にも行ってみたかったけど、ここも(名前は忘れてしまいました…)良かった。

次回行くとしたら天気がいいときに自転車でも乗りたい。
| 旅行 | 14:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nzzzk.com/trackback/1103157
トラックバック