CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< あと30日 | main | MacでSassを使う時の覚書 >>
PDFファイルの軽量化
 前にAcrobat使ってPDF軽量化したんだけど、なんだったけな〜。
と忘れたのでメモ。

・Adobe Acrobat
・Adobe Distiller(Acrobatについてくる)

この2つでやるのが一番カンタンで軽いかと。ちなみにAcrobatはWriterじゃないとダメです。無料のReaderだと読み取りだけなので編集できません。これだけのために買うのもなーって場合は体験版で試してみると良いかも。

Acrobat9 体験版
※ProとExtendどっちでもPDF軽くできます


■PDF軽量化の方法

1.軽量化させたいPDFをAcrobatで開く。
※上書き保存されてしまうのでオリジナルは別名保存しておく
      ↓
2.軽量化させたいPDFを別名保存→拡張子を「.ps」にするためにプルダウンメニューから「PostScript(*.ps)」を選択
      ↓
3.今作った.psのファイルをDistillerで開くと勝手にPDFに変換してくれる
※ここでファイルが勝手に作られるファイルは.psに変換前のPDFと同じ名前になって上書きされるので、オリジナルデータの保存が必要というわけです


110MBあったファイルが2.6MBになりました。軽いです。
Distillerの細かい設定は参考にさせてもらったコリスさんに載ってますが、デフォルトの設定でも上の通りの結果です。

PDF Cleanerという使ってないパーツとかいらないものを削除してくれる無料のソフトもあるんですが、これだとほんの気持ち程度にしか軽くなりませんでした。ファイルの構造にもよるんでしょうけど説明書きにも「最適化」と書いてあるのでまぁ大幅なサイズダウンには向いてないんでしょうね。
(今回使用したPDFはイラレで作成した画像6割テキストの4割のファイルでした)
| web | 03:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nzzzk.com/trackback/1257575
トラックバック